Gallery蔵 展示案内 2017年

Gallery蔵|展示案内 (2017年) (2016年) (2015年まで)

現在・今後の展示

武者素子 墨彩画展  墨と彩の世界 - 秋 - Motoko Musha Art Exhibition

故墨彩画家・武者素子による墨彩画の展覧会。
没後10年を前に未発表の作品を含む25点余の作品を展示します。
伝統的な水墨画に色彩を取り入れ、のびやかな画風でメキシコと日本を舞台に活動してきた作家の
「墨と彩の世界」が蔵の中に広がります。
代表作の飛天シリーズや富士山の他、秋を祝うからすうりの大作など季節を彩る作品の数々をご覧ください。

会場   御茶ノ水ソラシティ「Gallery蔵」および「KS46Wall」
会期   2017年10月13日(金)〜10月18日(水)
公開時間 平日11:00〜19:00
     土日10:30〜18:30(最終日 16時まで)
主催者  武者真琴 武者詠子
URL   motokomusha.tumblr.com

────────────────────────────────────────

「TIEREPOS(動物叙事詩)・心のかたち」 ―SUMIKO NAGANUMA,NAOTAKA NAGANUMA ふたり展 

長年ドイツに在住し、市民との文化交流などに携わりながら、作家活動を行ってきた、永沼すみ子、永沼直孝の帰国後初の作品展。

永沼すみ子は、日本で絵画を独学し、1987年 渡独。デュッセルドルフ国立美術アカデミーにてベアーテ・シフ教授に3年間師事、作家活動を行ってきました。1993年オランダ。ヘルツォーゲンボッシュ・ヨーロッパ・セラミックセンターの制作奨学金を取得。個展、グループ展多数。今回は油絵展示。

永沼すみ子の絵画作品では、楽園に遊ぶ動物を人間の投影として描き、それらが生きる世界を通し、「楽園」とは?と問いかけます。

永沼直孝は、東京造形大、愛知芸大大学院を修了後、ドイツ、デュッセルドルフ国立美術アカデミー・マイスター・シューラー号取得。1990~91同校美術鋳造特任教師を務め作家活動。新制作協会彫刻部門新作家賞。第3回ヒルデン市小型彫刻ビエンナーレ1等賞。大阪トリエンナーレ96絵画コンクール入選。第5回フェルバッハ国際小型彫刻トリエンナーレ招待。公共彫刻:独・カールスト市(95~),ヴィリッヒ市(85~),ハンブルグ市(03~)等。

永沼直孝の作品には、一貫して、生命の呼吸や、自然界の循環の原理とでもいうべきイメージが、強く込められています。それは、テラコッタ作品の形に内蔵する動き(動性)や、金属の鋳物作品(鋳込まれた形)に、くっついたまま作品の一部になっている湯道(溶けた金属=湯がながれる道)などに感じ取れるのではないでしょうか。

この度、「ふたり展」のサブタイトルとして、永沼すみ子のTierepos(ティアエポス)(動物叙事詩)」
永沼直孝の「心のかたち」を掲げ、それぞれのテーマがその枠を越え、如何に共鳴し合うかが試みられます。

会場   御茶ノ水ソラシティ「Gallery蔵」および「KS46Wall」
会期   2017年10月28日(土)〜11月3日(金)     
公開時間 平日11:00〜19:00
     日 10:30〜18:30
    (初日 :展覧会 15:00〜17:00
         オープニング・ミニコンサート 17:00〜17:30
         展覧会 17:30〜18:30
     最終日:10:30〜16:30)  
主催者  永沼直孝 & 永沼すみ子

  *     *     *

「オープニング・ミニコンサート」を開催いたします!
無料、どなたでもお越しください。 

【日時】
10月28日(土)17:00〜17:30

【開催場所】
お茶ナビゲート

【曲目】
☆テレマン  6つのソナタOp.2 第1番 ト長調TWV40:101Soave, Allegro, Andante, Allegro ( Fl&Vn ) 
☆シュトックハウゼン  "友情を込めて" ( フルートソロ ) 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<出品作家よりメッセージ>
この度の「ふたり展(永沼すみ子、永沼直孝)」(会期10月28日~11月3日)におきましては、ミニコンサートをもってオープンしたいと思います。
演奏してくださる二人のクラシック音楽の奏者、熊谷美保さん(フルート)、長谷川淳一さん(バイオリン)は、私達とドイツで同じ時期を共に過ごした友人でございます。
お二人は、現在日本を中心に国際的に音楽活動をされており、この度の私たちの「二人展」オープニング演奏を快く承諾してくださいました。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

演奏家プロフィール

熊谷美保  Miho Kumagai  フルート

エリザベト音楽大学大学院修了。デュッセルドルフ ロベルト・シューマン音楽大学大学院修了。ドイツ国家演奏家資格取得。シュモルツ+ビッケンバッハコンクール・室内楽部門 第1位(木管五重奏)、ソロ部門 奨励賞受賞。オーストリア・チロル交響楽団インスブルックに在籍後帰国。2014年広島交響楽団契約団員。オーケストラ・室内楽・ソロ等 国内外の演奏会に多数出演している。現在、エリザベト音楽大学非常勤講師。

長谷川淳一  Junichi Hasegawa バイオリン

1993年東京藝術大学入学。清水高師氏に師事。1997年よりドイツ・エッセン音楽大学にてミンチョ・ミンチェフ氏に師事。その後、ロンドンにてデイヴィッド・タケノ氏の下で更なる研鑽を積む。2003年よりエッセン市フォルクヴァング室内管弦楽団のコンサートマスターを3シーズンにわたり務める。この間、協奏曲、室内楽の他、同楽団を指揮者無しで率いてのドイツ国内ツアーも行う。独立の後は、自身の重点であるバロックから現代に至るまでのヴァイオリン・ソロ演奏会又、Geige ohne Grenzen(境のないヴァイオリン)のコンセプトの下、様々な、民俗楽器とのコラボレーションも行う。教育活動にも力を注いでおり日本に於いては飛騨高山音楽祭などの講師を務めた。2016年に帰国し、拠点を東京に移し現在に至る。

────────────────────────────────────────

『実験音楽工房2017』展

3回目になる『実験音楽工房』展、今回は教育用オブジェクト指向言語「ドリトル」で作成した作品を展示します。
わずか数十行のプログラムが紡ぎだす不思議なタートルグラフィックスと生成音楽の世界をお楽しみください。

ROOM-1 TurtleMagic(変身するカメたち)
ROOM-2 Palindrome(2声の回文的カノンによる12の変奏)
ROOM-3 SoundScape2017(4弦琴のノスタルジア)

会場   御茶ノ水ソラシティ「Gallery蔵」
会期   2017年11月14日(火)~ 11月19日(日)
公開時間 11:00~19:00(最終日 15:00 まで)      
主催者  山澤昭彦
URL   https://www.facebook.com/JikkenOngakuKoubou/

────────────────────────────────────────

過去の展示

六窯会陶芸展

私達は、28年間続いた陶芸展あながま会でめぐり合いました。
六窯会の窯は、穴窯、ガス窯、電気窯と色々ありますが、
どの窯でも焼く時は、炎の神に祈りを込めて焼き上げます。
古きものへの想い、新しきものへの挑戦、釉薬調合や焼き方の
こだわりなど目指すものは果てしなく深くつづきます・・・・・・
この会が新たな感性を切り開く機会となるよう願っております。
皆様のご高覧よろしくご指導お願い申し上げます。

会場   御茶ノ水ソラシティ「Gallery蔵」および「KS46Wall」
会期   2017年10月5日(木)〜10月9日(月)
公開時間 11:00〜18:30(最終日 16時まで)
主催者  六窯会
                 友正 光   埼玉県日高市在住
                 岡本  暁子   東京都練馬区光が丘在住
       高田 慶子  東京都練馬区大泉学園町在住
         岸野 仁志  山梨県道志村在住
       山岸 久夫  千葉県柏市在住

────────────────────────────────────────

Line as Process

“Writing, walking, weaving, drawing, between storytelling, Process & Memory.”

Colombian artist, Luisa Brando, will present her Art work and Research process about the dichotomy between tradition and development. Inviting to see the line as a process, as a metaphor of impermanence and nature.  This is part of her Thesis Project of her Master in Design Studies at Harvard University, a three month Research around Japan centered on Ise Jingu Temple, a space and metaphor that led to a new perception of time through process and memory.


 「物語・プロセス・記憶のあいだを書くこと、歩くこと、縫うこと、描くこと」

コロンビア人アーティストのルイサ・ブランドが、伝統と開発の二項対立に関する作品とリサーチ・プロセスを発表します。
線を、刹那と自然のメタファー、プロセスとして捉えるよう、鑑賞者に促します。本展は、ハーバード大学デザイン大学院修士課程に在籍するブランドの論文プロジェクトの一部であり、プロセスと記憶を介した新たな時間知覚へと導く空間とメタファーである伊勢神宮を中心とした日本での3ヶ月間のリサーチの成果です。

会場   御茶ノ水ソラシティ「Gallery蔵」
会期   2017年8月19日(土)〜8月20日(日)
公開時間 11:00〜18:30(最終日は17:00まで)
主催者  Luisa Brando
協力   Asian Center Harvard University Research Grant
URL         www.luisabrando.com

────────────────────────────────────────

「うちの猫」展 @Ochanomizu

今年で24回目を迎えた「うちの猫」展。
我が家の猫・ご縁があった猫を描いたイラスト展です。
今回はいつも開催している国立市のcafe「ひょうたん島」を飛び出して、御茶ノ水「Gallery蔵」にやってきました。
猫たちの表情やポーズなど見てくださる方々のそれぞれの空想・時間をお過ごしくださればと思います。
是非お立ち寄りください。

会場   御茶ノ水ソラシティ「Gallery蔵」
会期   2017年6月9日(金)~6月15日(木)
公開時間 平日 11:00〜19:00
     土日 11:00〜18:30
     (初日 16:00〜 / 最終日 〜17:00)
主催者  shuko*
URL   http://www.chibi-shu.com
      https://www.facebook.com/shukooooo/

────────────────────────────────────────

第10回 藍布の会 作品展 −普段使いの藍−

“家庭ですくも藍を建てて染める”を勉強した仲間達で作った「藍布の会」も20年になりました。
今回のグループ展10回を一つの区切りにしたいと考えております。
作品と、製品の販売もいたします。お楽しみください。

会場   御茶ノ水ソラシティ「Gallery蔵」および「KS46Wall」
会期   2017年5月23日(火)〜5月28日(日)
公開時間 平日11:00〜18:00
     土日11:00〜18:00
      (最終日は16時まで)
主催者  石橋 美都子 磯永 恵子 菊池 とも子 菊地 睦子 小林 優子
             須永 佳年 長嶺 尚世 松田 菊代 日野 一子

────────────────────────────────────────

Calligraphy文字もじ展22nd

今年で22回目を迎える カリグラフィーの作品展です。
日ごろは個々に活動していますが 1年に一度このGallery蔵に
集合。 搬入の日は どんな作品が顔を出すのか・・・ 
ドキドキワクワクの飾り付け作業になります。
日本の伝統的な美しい蔵と 手書き文字のカリグラフィーが 
どのようにマッチしてくれるでしょうか。
是非お立ち寄りくださいませ。

会場   御茶ノ水ソラシティ「Gallery蔵」
会期   2017年5月15日(月)〜5月20日(土)
     (最終日は16時まで)
公開時間 平日11:00〜19:00
     土日10:30〜18:30
主催者  石下裕子 進藤和美 松井康子 山崎みどり

────────────────────────────────────────

『うごく作品』Vol.6×アトム個展Part5―コラボレーション企画―

絵や写真を展示するように、身体表現パフォーマンスを作品として展示したい―それが『うごく作品』のコンセプトです。私たちが展示するのは〈私たち〉。60分間の非言語空間を一緒に過ごしませんか。3階にてご予約制・有料となります。
そして1階&2階では、アトム個展Part5を同時開催いたします。モチーフは「白い紙」と「どうぶつ」。こちらは入場無料でどなたでもご自由にご覧いただけます。ぜひ遊びに来てください。

会場   御茶ノ水ソラシティ「Gallery蔵」
会期   2017年4月18日(火)~4月23日(日)
公開時間 うごく作品 12:00/15:00(初日のみ15:00)ご予約制
     アトム個展 11:30~18:30(初日のみ13:00より/最終日のみ17:00まで)
主催者  數見陽子・砂田アトム
URL   『うごく作品』 Facebook https://www.facebook.com/ugokus
      砂田アトムHP http://www.deaf-atom.com/

────────────────────────────────────────

播与漆工芸教室 柴田組 漆芸作品展

東京で江戸時代から続く播与漆行が、42年前から漆工芸教室を行なっています。その播与漆工芸教室のひとつのクラスの、柴田組の漆芸作品展を開催します。
 教室で、一人一人が思い思いの作品を制作しました。作りながら感じた、漆の楽しさ、良さを皆様に伝える展覧会です。

会場    御茶ノ水ソラシティ「Gallery蔵」および「KS46Wall」
会期    2017年3月24日(金)〜29日(水)
公開時間  平日11:00〜19:00
      土日10:30〜18:30
      (初日11時から、最終日は16時まで)     
主催    播与漆工芸 柴田組

────────────────────────────────────────

手づくり封筒(ポチ袋)、はがきと墨流し染め展

気取らない毎日のほんの少しの心付けなど
自身の気持ちを入れる手製のポチ袋や
心からの感謝を書く為の封筒セットとハガキの展示会です。
従来に無い 気持ちや文字を引き立てる優しい作品を作りました。

受取った方の心を喜びでいっぱいに
楚々と奥ゆかしく
そんな使い方をしてくださいますと本望です。
どうぞ期間内 お気軽にお越し下さいませ。

会場    御茶ノ水ソラシティ「Gallery蔵」
会期    2017年3月16日(木)〜3月19日(日)
公開時間  平日11:00〜19:00
      土日10:30〜18:30
主催    紗府庵(さくらあん)
                  松本紗府(まつもとさくら)

────────────────────────────────────────

第8回環境教育ポスターコンクール企画展 環境マンガと子どもたち

第8回環境教育ポスターコンクールに入賞した子どもたちの作品と、大人たちの「環境マンガ」を一同に展示する企画展です。
この機会に、ぜひお越しください。

会場    御茶ノ水ソラシティ「Gallery蔵」
会期    2017年1月12日(木)〜 1月18日(水)

公開時間  平日 11:00 〜 19:00

      土日 10:30 〜 18:30

      (初日は15:00 〜、最終日は〜15:00まで)

主催    公益財団法人 こども教育支援財団
共催
      地球環境を守る漫画家の会
協力
      公益社団法人日本漫画家協会

Web    http://www.kodomo-zaidan.net/

pagetop