イベント・ワークショップ

ワークショップ

【終了】お茶ナビサロン第10回「林田利之さん:岩﨑家末廣別邸を守り伝えるためにー文化財の保存と活用のいい関係とは」

お茶ナビゲートでは毎月1回、各分野で先駆的でユニークな、そして本質的な活動をしている方を講師にお招きして、大人が知的に愉しめる学びの場「お茶ナビサロン」を開催しています。講師のトークセッションと、ワンドリンクを片手に講師や参加者同士と和やかに懇談できる場です。
 
第10回は、御茶ノ水ソラシティでの七夕イベント、岩﨑家ゆかりの地コラボ企画を記念して、千葉県富里市教育委員会から林田利之さんをお招きします。
 
御茶ノ水ソラシティが建つ場所はもともと、岩﨑家駿河台邸があった場所です。そして、千葉県富里市には戦前、岩﨑家三代・久彌翁が、先端的実験農牧場として開設した末廣農場がありました。戦後の農地改革で、農場の規模は小さくなったものの、その農場内に建てられた純日本建築の主屋に、久彌翁は転居し晩年を静かに過ごしました。この旧末廣農場と、農場内にある主屋、東屋などが最近、富里市に寄贈され、現在、一般公開に向けて準備が進んでいます。
 
今回は、富里市に寄贈された「旧岩﨑家末廣別邸」の復旧、整備、公開に向けての準備を担っている林田さんに、末廣別邸の特徴、富里市になぜこうした農牧場が設置されるにいたったか、岩﨑久彌翁の想いなどをご紹介いただくとともに、文化財としての別邸をどういった考え方で公開し、活用していこうとされているか、語っていただきます。
 
<ゲストプロフィール>

 
林田利之(はやしだ としゆき)

略歴
1965年生まれ。1990年に千葉県印旛郡富里町(現富里市)職員に採用され、財団法人印旛郡市文化財センターに派遣。印旛郡市内の埋蔵文化財発掘調査及び報告書の作成を行う。現在は、市教育委員会生涯学習課文化資源活用室室長として、市内文化財の保護活用に取り組んでいる。
 
<定員>
20名(先着順)
 
<日程>
2017年7月7日(金)19:00-21:00
 
<会場>
お茶ナビゲート
 
<参加費>
1,500円(資料代、ワンドリンク付き)
 
<主催>
NPO法人連想出版
 
<企画協力>
(株)HUMIコンサルティング
 
<お申し込み方法>
Peatixまたは、お茶ナビゲートのカウンターよりお申し込みください。ご不明な点があればお茶ナビホームページの「お問い合わせ」より問い合わせください。
 
・Peatix

こちらのイベントは終了いたしました。ご協力・ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました

ワークショップ

【終了】お茶ナビサロン第9回「長野隆人さん:地域に根ざしたアート空間を創造する」

お茶ナビゲートでは毎月1回、各分野で先駆的でユニークな、そして本質的な活動をしている方を講師にお招きして、大人が知的に愉しめる学びの場「お茶ナビサロン」を開催しています。講師のトークセッションと、ワンドリンクを片手に講師や参加者同士と和やかに懇談できる場です。
 
第9回は、充実した舞台機構などステージアーツに最適な施設として全国的にも有名な、福島県いわき市の「いわき芸術文化交流館アリオス」から、長野隆人さんをお招きします。
 
アリオスは、子どもから大人まで誰もが自由に芸術と触れ合える場、創作活動の拠点となる空間というコンセプトのもと、大中小の劇場でさまざまなジャンルの舞台上演が開催されているほか、地域住民が自由に利用できるピアノやバンドの練習室や、住民同士が集える空間が充実しています。さらに、人とまち、人と人とをつなげるさまざまなアートイベントが展開されており、地元住民の意欲的な活動をうながし、地元の人たちがつながっていくような企画を担っているのが、広報グループチーフの長野さんです。
 
今回は、日本でも屈指の舞台設備をもつアリオスの紹介、なぜいわき市にこうした公共空間がオープンするにいたったのか、舞台芸術に対して関心の高い人が多いという地域性を背景に、その経緯を説明いただき、アートをテーマにした公共空間を、どのように使い倒して、芸術と自然に親しめる場を創っているか、お話しいただきます。
 
<ゲストプロフィール>

 
長野隆人(ながの たかひと)

略歴
1976年、静岡県生まれ。大学時代からクラシック音楽業界に身を置き、月刊「ぶらあぼ」副編集長、「DANZA」編集長を務めた。いわきアリオスには2007年に着任。通常の広報業務の他、市民協働事業や、地元の学校や団体との連携を通して、枠にとらわれない公立文化施設の姿を模索していている。
 
<定員>
20名(先着順)
 
<日程>
2017年6月27日(火) 19:00-21:00
 
<会場>
お茶ナビゲート
 
<参加費>
1,500円(資料代、ワンドリンク付き)
 
<主催>
NPO法人連想出版
 
<企画協力>
(株)HUMIコンサルティング
 
<お申し込み方法>
Peatixまたは、お茶ナビゲートのカウンターよりお申し込みください。ご不明な点があればお茶ナビホームページの「お問い合わせ」より問い合わせください。
 
・Peatix

こちらのイベントは終了いたしました。ご協力・ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました

ワークショップ

【終了】お茶ナビサロン第8回 「松村由利子さん:♪~子どもの本から世界が見える~♪」

お茶ナビゲートでは毎月1回、各分野で先駆的でユニークな、そして本質的な活動をしている方を講師にお招きして、大人が知的に愉しめる学びの場「お茶ナビサロン」を開催しています。講師のトークセッションと、ワンドリンクを片手に講師や参加者同士が和やかに懇談できる場です。
 
第8回は、新聞記者出身のフリージャーナリストにして歌人、松村由利子さんをお招きします。科学記者として培われた鋭い視点と論理的で分かりやすい文章、歌人ならではの豊かな感性で、味わいある、そして読み応えある著作を数多く出されています。
 
*****
 
皆さんは、幼いころに読んだ本の内容を覚えていますか。
 
「子どもの本なんて、読んでも読まなくても、おとなになれば関係ないんじゃない?」と思う人がいたら、それは大きな間違い!遠い日の読書は、気づかないところであなたの教養や糧となっているかもしれません。例えば、『ちびくろサンボ』と『小公女』に共通する事柄といえば……? 宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』と山本有三の『路傍の石』、どちらにも登場するものは何? あるいは、ルイス・キャロルの『鏡の国のアリス』・言語学・Facebookをつなぐものは?
 
昨夏、『少年少女のための文学全集があったころ』(人文書院)を上梓した松村さんが、本に書ききれなかったことを紹介します。映画のせりふにクスッと笑ったり、意外な歴史に出会ったり……役に立つかどうかはともかく、「子どもの本」のあれこれを知ると、世界がもっと面白くなるはずです。今回は、その入口へご案内いただきます!
 
<ゲストプロフィール>

 
松村由利子(まつむら ゆりこ)

略歴
1960年、福岡市生まれ。朝日新聞、毎日新聞で記者として20年余働いた後、2006年からフリーランスに。歌人として短歌関係の評論、エッセイを手がけるほか、絵本の翻訳や創作にも取り組む。著書に『少年少女のための文学全集があったころ』(人文書院、2016年)、『短歌を詠む科学者たち』(春秋社、同)など。今年2月に翻訳絵本『みどりの町をつくろう』(アラン・ドラモンド作、福音館書店)を刊行。
 
<定員>
20名(先着順)
 
<日程>
2017年5月9日(火) 19:00-21:00
 
<会場>
お茶ナビゲート
 
<参加費>
1,500円(資料代、ワンドリンク付き)
 
<主催>
NPO法人連想出版
 
<企画協力>
(株)HUMIコンサルティング
 
<お申し込み方法>
Peatixまたは、お茶ナビゲートのカウンターよりお申し込みください。ご不明な点があればお茶ナビホームページの「お問い合わせ」より問い合わせください。
 
・Peatix

こちらのイベントは終了いたしました。ご協力・ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました

ワークショップ

【終了】お茶ナビサロン第7回「花井裕一郎さん:街を“演出”するってどういうこと?」

お茶ナビゲートでは毎月1回、各分野で先駆的でユニークな、そして本質的な活動をしている方を講師にお招きして、大人が知的に愉しめる学びの場「お茶ナビサロン」を開催しています(毎月第4火曜日19時から)。
※お茶ナビサロンは今回から、少し装いを新たに。講師のトークセッションはきちんと時間を取りつつも、その後、ワンドリンクを片手に、講師と名刺交換したりお話いただいたり、あるいは参加者同士が懇談できる場を設定します。
 
第7回は、全国各地で街づくりの中核としての図書館を目指して、コンサルティングやアドバイザリーの仕事を精力的に進めている、花井裕一郎さんをお招きします。もともとテレビの世界を中心に、映像作家・演出家として活躍していた花井さん。取材がきっかけで移住することになった長野県小布施町で、公募によって館長となり、町立図書館を地域の核として地元住民とともに立上げ、運営されました。「まちとしょテラソ」と名付けられたこの図書館は、次世代型図書館の嚆矢として、全国の図書館や街づくりに影響を与え続けています。
 
まちとしょテラソ館長を退職されたあと、出身地でもある福岡県を拠点に、福智町(福岡県)、吉野ヶ里町(佐賀県)、太田市(群馬県)などで、図書館の立上げ、運営を支援するかたわら、別府市総合政策アドバイザーなど、街づくりのかたちをさらに模索する日々を過ごされています。
 
今回は、演出家としてのご自身のルーツをふり返りながら、図書館などの文化施設や、街づくりに「演出する」という視点をどう取り入れようとしているのか。そもそも住民が関われる街づくりとは?といった、花井さんが普段から考えているテーマを、参加者の方々と大いに語り合いたいと思います。
 
<ゲストプロフィール>

 
花井裕一郎 (はない ゆういちろう)

略歴
1962年、福岡県生まれ。フジテレビ、NHKなどで番組演出。2000年より長野県小布施町を拠点に、「ないのにある」=「存在そのものは目に見ることができないが、そこにはエネルギーが存在する」ことを体感しながら、本来の人間の姿・生き方を模索した創作活動を展開。まちとしょテラソ(小布施町立図書館)館長を経て、現在は福岡を中心に九州、四国、関東など全国で図書館づくり、まちづくりに携わる。
 
<定員>
20名(先着順)
 
<日程>
2017年3月28日(火) 19:00-21:00
 
<会場>
お茶ナビゲート
 
<参加費>
1,500円(資料代、ワンドリンク付き)
 
<主催>
NPO法人連想出版
 
<企画協力>
(株)HUMIコンサルティング
 
<お申し込み方法>
Peatixまたは、お茶ナビゲートのカウンターよりお申し込みください。ご不明な点があればお茶ナビホームページの「お問い合わせ」より問い合わせください。
 
・Peatix

こちらのイベントは終了いたしました。ご協力・ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました

まちあるき

【終了】お茶の水今昔“音”めぐり―都市に耳を澄まし街の記憶を聴く - お茶ナビ街あるきツアー第11弾

わたしたちが普段、何気なく目にしている街のすがた、街の風景。
「風景」という言葉は、目に見えるもの=光と影を表す「景」と、目に見えないもの=空気の流れや音を表す「風」の、ふたつの要素で成り立っていて、街のたたずまいはその両者が織りなしていると言えるかもしれません。
 
お茶ナビ街あるきツアー第11弾は、目には見えない、しかしそこに在る「音」をテーマにお茶の水界隈を散策します。約30年前にサウンドスケープ研究機構研究員として、この界隈に存在する「音」を、都市における音の環境・音の文化という側面から調査され、その後もサウンドデザイン等に携わっている兼古勝史さんを講師にお招きします。30年前、例えばニコライ堂の鐘の音はどこまで聞こえていたのでしょう。あるいは、今はもうなくなってしまった、例えば秋葉原の青物市場の音とは。
 
過去の音、記憶の音を振り返りつつ、音から想起されるオモイデを語り、耳を澄まして街を味わう街あるきです。
<講師>
兼古勝史さん(日本サウンドスケープ協会理事)
 
<日時>
2017年3月26日(日) ※雨天決行
・10:45 お茶ナビゲートにて受付開始
・11:00~11:30 ミニレクチャー
・11:45~13:00 お茶の水~秋葉原周辺散策
 
<参加定員>
20名(先着順)
 
<参加費>
1,000円(資料代、保険料を含む)
※当日、受付にてお支払いください
 
<持ち物・服装>
歩きやすい靴でご参加ください。
 
<主催>
NPO法人連想出版
 
<お申し込み方法>
ホームページの「お問い合わせ」より、下記要領にてお申し込み下さい。
 ・「タイトル」欄に「音めぐり参加申込み」と記入して下さい。
 ・「お問い合わせ内容」欄に、当日ご連絡の取れる連絡先(携帯電話の番号など)を明記して下さい。 
 ・「お名前」欄にお名前を記入して下さい。
 ・「メールアドレス」欄に、定期的にチェックしているメールアドレスを記入して下さい。
 
 ※お申し込みを受け付けましたら、当方・担当者より確認のメールを48時間以内に送信します。

こちらのイベントは終了いたしました。ご協力・ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました

アーカイブス

  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • pagetop