イベント・ワークショップ

まちあるき

【終了】お茶の水今昔“音”めぐり―都市に耳を澄まし街の記憶を聴く - お茶ナビ街あるきツアー第11弾

わたしたちが普段、何気なく目にしている街のすがた、街の風景。
「風景」という言葉は、目に見えるもの=光と影を表す「景」と、目に見えないもの=空気の流れや音を表す「風」の、ふたつの要素で成り立っていて、街のたたずまいはその両者が織りなしていると言えるかもしれません。
 
お茶ナビ街あるきツアー第11弾は、目には見えない、しかしそこに在る「音」をテーマにお茶の水界隈を散策します。約30年前にサウンドスケープ研究機構研究員として、この界隈に存在する「音」を、都市における音の環境・音の文化という側面から調査され、その後もサウンドデザイン等に携わっている兼古勝史さんを講師にお招きします。30年前、例えばニコライ堂の鐘の音はどこまで聞こえていたのでしょう。あるいは、今はもうなくなってしまった、例えば秋葉原の青物市場の音とは。
 
過去の音、記憶の音を振り返りつつ、音から想起されるオモイデを語り、耳を澄まして街を味わう街あるきです。
<講師>
兼古勝史さん(日本サウンドスケープ協会理事)
 
<日時>
2017年3月26日(日) ※雨天決行
・10:45 お茶ナビゲートにて受付開始
・11:00~11:30 ミニレクチャー
・11:45~13:00 お茶の水~秋葉原周辺散策
 
<参加定員>
20名(先着順)
 
<参加費>
1,000円(資料代、保険料を含む)
※当日、受付にてお支払いください
 
<持ち物・服装>
歩きやすい靴でご参加ください。
 
<主催>
NPO法人連想出版
 
<お申し込み方法>
ホームページの「お問い合わせ」より、下記要領にてお申し込み下さい。
 ・「タイトル」欄に「音めぐり参加申込み」と記入して下さい。
 ・「お問い合わせ内容」欄に、当日ご連絡の取れる連絡先(携帯電話の番号など)を明記して下さい。 
 ・「お名前」欄にお名前を記入して下さい。
 ・「メールアドレス」欄に、定期的にチェックしているメールアドレスを記入して下さい。
 
 ※お申し込みを受け付けましたら、当方・担当者より確認のメールを48時間以内に送信します。

こちらのイベントは終了いたしました。ご協力・ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました

まちあるき

【終了】夏目漱石生誕150年記念 岩波書店『漱石全集』と、その足跡を訪ねる街あるき - お茶ナビ街あるきツアー第10弾

今年は夏目漱石生誕150年、そして漱石研究の基盤を提供してきた『漱石全集』が岩波書店から世に出てちょうど100年に当たります。
 
昨年、20年ぶりに刊行が始まった『漱石全集』は、漱石の作品はもとより、彼の日記、書簡、講演録など多種多様なジャンルを収録、漱石自身の考えや思い、幅広い人脈や交流の様子まで分かる、漱石を知るための文字通り「全集」として、好評を博しています。
 
そこで、今回のお茶ナビ街あるきツアーでは、『漱石全集』の編集を取りまとめ、ここ10年以上、岩波書店での「漱石担当」を担ってきた赤峯裕子さんをお招きして、『漱石全集』の歴史、岩波書店の「全集」に対する姿勢、書簡や手紙から浮かび上がる夏目漱石の人となりについてなどを、漱石担当ならではの視点からお話しいただき、御茶ノ水から神保町にかけての漱石ゆかりの地と漱石を知るのに外せない書店を巡ります。
<講師>
赤峯裕子さん(株式会社岩波書店)
 
<日時>
2017年3月4日(土) ※雨天決行
・13:45 お茶ナビゲート集合
・14:00~15:00 座学講座
・15:15~16:30 御茶ノ水〜神保町周辺散策
 
<参加定員>
20名(先着順)
 
<参加費>
1,000円(資料代、保険料を含む)
※当日、受付にてお支払いください
 
<持ち物・服装>
歩きやすい靴でご参加ください。
 
<主催>
NPO法人連想出版
 
<協力>
株式会社岩波書店

<お申し込み方法>
ホームページの「お問い合わせ」より、下記要領にてお申し込み下さい。
 ・「タイトル」欄に「漱石街あるき参加申込み」と記入して下さい。
 ・「お問い合わせ内容」欄に、当日ご連絡の取れる連絡先(携帯電話の番号など)を明記して下さい。 
 ・「お名前」欄にお名前を記入して下さい。
 ・「メールアドレス」欄に、定期的にチェックしているメールアドレスを記入して下さい。
 
 ※お申し込みを受け付けましたら、当方・担当者より確認のメールを48時間以内に送信します。

こちらのイベントは終了いたしました。ご協力・ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました

ワークショップ

【終了】お茶ナビサロン第6回「橋口 侯之介さん:「本」ってそもそもなんだろう?ー和本の魅力と、和本が消えた明治二十年問題から考える」

お茶ナビゲートでは毎月1回、各分野で先駆的でユニークな、そして本質的な活動をしている方を講師にお招きして、大人が知的に愉しめる学びの場「お茶ナビサロン」を開催しています(毎月第4火曜日19時から)。
 
第6回は、神保町にある老舗古書店のひとつ、誠心堂書店店主の橋口侯之介さんをお招きします。橋口さんは、書道や文系学術書を専門にあつかう古書店を営む一方、江戸時代以前の版本、写本である「和本」の魅力を伝えるエバンジェリストでもあります。大学で和本に関する講義を担当されているほか、和本の世界に誘う『和本入門』『続和本入門』など、和本を身近に感じさせてくれる著作を上梓されるなど、幅広く活躍されています。
 
また、和本が出版されなくなった時期について、興味深い論考も出されています。和本は明治20年代、「和装本」から「洋装本」へという出版界の大きな転換の中で次第に表舞台から消えていきました。本に関する全てのこと、つまり出版、販売、古書販売、貸本などを兼業していた江戸時代の本屋から、金属活版印刷による近代出版業に転換するこの流れを、日本における出版文化の大きな分岐点として立体的にとらえた論考は、出版物のデジタル化、電子書籍の需要が広がってきた現在の出版界に、大きな示唆を与えています。
 
今回は、権力層だけでなく庶民までもが「本を読む」という行為を日常的に享受でき、日本におけるさまざまな文化を下支えしてきた装置ともいえる「和本」の魅力をうかがい、明治20年代の転換点で失われたもの、新たに形成されたものを振り返ります。昨今の電子書籍についても視野に入れて、そもそも「本」とはなにか、「本」の魅力とはなにか、これから「本」はどうなるのか、参加者の方々とも大いに語り合います。
<ゲストプロフィール>

 
橋口 侯之介(はしぐち こうのすけ)

略歴
1947年、東京都生まれ。上智大学文学部史学科卒業。出版社勤務を経て、74年に岳父が昭和初期に開いた和本・文科系学術書の専門店である神田の誠心堂書店に入店、84年から店主となる。東京古典会会員。主な著作に、『和本入門』(平凡社ライブラリー、2011年)、『江戸の本屋と本づくり』(平凡社ライブラリー、2011年)、『和本への招待』(角川選書、2011年)がある。
 
<定員>
20名
 
<日程>
2017年2月28日(火)19:00-21:00
 
<会場>
お茶ナビゲート
 
<参加費>
1,000円(資料代、ソフトドリンク付き)
 
<主催>
NPO法人連想出版
 
<企画協力>
(株)HUMIコンサルティング
 
<お申し込み方法>
Peatixまたは、お茶ナビゲートのカウンターよりお申し込みください。ご不明な点があればお茶ナビホームページの「お問い合わせ」より問い合わせください。
 
・Peatix

こちらのイベントは終了いたしました。ご協力・ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました

ワークショップ

【終了】Gallery蔵 ミニワークショップ 「羊毛フェルトでコースター作り」

2016年11月に「Gallery蔵」で展示会を開いてくださった川田知子さんに、羊毛フェルトでのコースター作りを教えていただきます!
この機会にぜひ挑戦してみませんか?
 
 
<講師>
川田 知子 (かわだ ともこ) さん
 
<日時>
2017 年 2 月 4 日(土) 14:00から (約2時間)
 
<場所>
お茶ナビゲート(御茶ノ水ソラシティビル B1F)
 
<参加定員>
10名(先着順)
 
<参加費>
1,200円
 
<持ち物>
筆記用具、ものさしかメジャー、ペットボトル(固めのもの)、ハンドタオル(30cm×30cm程度のもの)、エプロン、手が弱い方はゴム手袋
 
<主催>
NPO法人連想出版
 
<お申込み方法>
「お問い合わせ」より、下記要領にてお申し込み下さい。
・「タイトル」欄に「ミニワークショップ フェルト会参加申込み」とご入力。
・「お問い合わせ内容」欄に、当日ご連絡の取れる連絡先(携帯電話の番号など)をご明記下さい。
・「お名前」欄にお名前をご入力下さい。
・「メールアドレス」欄に、定期的にチェックしているメールアドレスをご入力下さい。
※お申し込みを受け付けましたら、担当より確認のメールを48時間以内に送信します。

ワークショップ

【終了】お茶ナビサロン第5回「久木元 拓さん:思いがけない世界の気づき〜街中に散逸する発見装置」

お茶ナビゲートでは毎月1回、各分野で先駆的でユニークな、そして本質的な活動をしている方を講師にお招きして、大人が知的に愉しめる学びの場「お茶ナビサロン」を開催しています(毎月第4火曜日19時から)。
 
第5回は、都市のなかのさまざまな空間を活用したアートプロジェクト「TRANS ARTS TOKYO」などのイベントを通じて、アートが街に広がり、そのコミュニティに根付かせていく試みを実践している久木元拓さんをお招きします。東京電機大学の跡地を利用することから始まった「TRANS ARTS TOKYO」は2016年までに5回開催。地域のイベントとして根付いてきたとともに、この域ならではの視点で新たな試みも動き出しています。
 
ホワイトキューブのようにアーティストが自身の想いを存分に表現できるとは限らない都市のなかの空間。空きビルなどの物理的制約やその地域特有の条件のなかで、だからこその固有性をもったアート表現に挑戦しているほか、そうした企画に関わってくれる街の人をいかに増やすか、そして関わってくれる人が増えてくることで生まれる変化をどう楽しむかの挑戦とも言えます。
 
今回は、デベロッパー的視点とアートコーディネーター的視点の双方をもった久木元さんならではの活動について、地域の活動に関わる人たちの個性が輝くためのサポーターシップや、地域や業種の狭間をつないでいる仕事を通じて、大いに語っていただきます。
<ゲストプロフィール>
 
久木元 拓 (くきもと たく)

略歴
1992年早稲田大学人間科学部卒業後、三菱総合研究所研究員として、都市計画、文化産業振興政策、コンテンツ流通促進の制度設計をはじめ、美術館の事業運営計画等に関するコンサルティング等を実施。2005年東京芸術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修了。首都大学東京准教授、音楽配信サイトにて経営企画に携わった後、2012年からのコマンドNにてTRANS ARTS TOKYOをはじめとする様々なプロジェクトのディレクション、マネジメントを行う。発表論文に「文化価値循環モデルによる都市ブランディング分析試論」「集団的知性の形成から捉えたアートプロジェクトの組織経営政策分析・評価試論」等がある。
 
<定員>
30名
 
<日程>
2017年1月24日(火)19:00-21:00
 
<会場>
お茶ナビゲート
 
<参加費>
1,000円(資料代、ソフトドリンク付き)
 
<主催>
NPO法人連想出版
 
<企画協力>
(株)HUMIコンサルティング
 
<お申し込み方法>
Peatixまたは、お茶ナビゲートのカウンターよりお申し込みください。ご不明な点があればお茶ナビホームページの「お問い合わせ」より問い合わせください。
 
・Peatix
 

アーカイブス

  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • pagetop