イベント・ワークショップ

ワークショップ

【終了】お茶ナビサロン第4回「飯島裕子さん:『ルポ 貧困女子』出版記念 日本の“貧困”ー現実と展望、そして誰一人として生きづらさを感じない社会を目指して」

お茶ナビゲートでは毎月1回、各分野で先駆的でユニークな、そして本質的な活動をしている方を講師にお招きして、大人が知的に愉しめる学びの場「お茶ナビサロン」を開催しています(毎月第4火曜日19時から)。
※11月は都合により第5(最終)火曜日11月29日となります。ご注意ください。
 
第4回は、先日『ルポ 貧困女子』(岩波新書)を上梓したノンフィクションライター・飯島裕子さんをお招きします。格差や差別に苦しむ女性の、その多様な貧困実態を丁寧な取材で明らかにしつつ、生きづらさ、働きづらさを感じつつもがいている彼女たちの等身大の姿を真摯に描いた本書は、各書店でベストセラーとなっています。
 
飯島さんは、ホームレスの自立を支援する雑誌『ビックイシュー』に、創刊号からライターとして参画。長きにわたり、社会にある格差、差別をつねに直視して、若者や女性に寄り添いながら、ノンフィクションライターとして、そのありのままの姿を描き出し、発信してきました。
 
今回は、『ルポ 貧困女子』で描いた女性の貧困問題を軸にしつつ、社会にある格差、貧困の問題をより広範囲に紹介していただきながら、飯島さんがなぜ、こうした問題に向き合うようになったのか、なにが執筆活動を突き動かす動機になっているか、彼女の眼差しの源、目指すべき社会について語っていただき、参加者の方々と語り合いたいと思います。
<ゲストプロフィール>

 
飯島 裕子 (いいじま ゆうこ)
東京都生まれ。ノンフィクションライター。

略歴
一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。大学卒業後、専門紙記者、雑誌編集を経てフリーランスに。人物インタビュー、ルポルタージュを中心に『ビッグイシュー日本版』『婦人公論』等で取材・執筆を行っているほか、大学で非常勤講師を務めている。著書に『ルポ 若者ホームレス』(ちくま新書2011年)、インタビュー集に『99人の小さな転機のつくりかた』(『ビッグイシュー日本版』編集部編、大和書房、2010年)などがある。
 
<定員>
30名
 
<日程>
2016年11月29日(火)19:00-21:00
 
<会場>
お茶ナビゲート
 
<参加費>
1,000円(資料代、ソフトドリンク付き)
 
<主催>
NPO法人連想出版
 
<企画協力>
(株)HUMIコンサルティング
 
<お申し込み方法>
Peatix または、お茶ナビゲートのカウンターよりお申し込みください。ご不明な点があればお茶ナビホームページの「お問い合わせ」より問い合わせください。
 
・Peatix

こちらのイベントは終了いたしました。
ご協力・ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

ワークショップ

【終了】お茶ナビサロン第3回「平賀研也さん:地域知を支える公共空間の実現にむけてー「図書館」にこだわり続ける理由」

お茶ナビゲートでは毎月1回、各分野で先駆的でユニークな、そして本質的な活動をしている方を講師にお招きして、大人が知的に愉しめる学びの場「お茶ナビサロン」を開催しています(毎月第4火曜日19時から)。
 
第3回は、県立長野図書館長・平賀研也さんをお招きします。伊那市立図書館長だった際に、「地域知」の拠点として機能する図書館のあり方が評価され、ライブラリー・オブ・ザ・イヤーを受賞。現在は県立図書館のこれからを模索していらっしゃいます。
 
もともとは東京で、外車輸入販売会社の法務などの仕事をされていた平賀さん。長野県伊那市に拠点を移したあと、図書館という全くそれまでとは異なる舞台で、ビジネスマン時代の経験を活かし、情報と情報、情報と人、人と人とを“つなぐ”という新しい図書館のすがたにチャレンジしてきました。地域の歴史を地域住民とともに“編集”する「高遠ぶらり」プロジェクトなど、地域におけるパブリック空間としての図書館の可能性を模索され続けています。
 
今回は、なぜ第一線のビジネスの世界から「図書館の人」になったのか。図書館のなにに魅力を感じ、図書館のあるべきすがたを考え続けているのか。そのなかで感じる限界と可能性、地域における「知」をどう紡いでいこうとしているか。地域におけるパブリックのあり方と合わせて、大いに語っていただきます。

チラシpdf(1.8MB)

<ゲストプロフィール>

 
平賀 研也 (ひらが けんや)
1959年仙台生まれ東京育ち。県立長野図書館館長。

略歴
法務及び経営企画マネージャーとして企業に勤務。その間に米国イリノイ州にくらし、経営学を学ぶ。 2002年伊那に移住。公共政策シンクタンクの研究広報誌編集主幹を経て、2007年〜15年の間、公募により伊那市立伊那図書館館長。2015年4月より現職。 実感ある知の獲得と世界の再発見、情報リテラシー向上に寄り添える地域情報のハブとしての図書館、半開きな関係性に支えられる公共空間の実現を目指す。

<定員>
30名
 
<日程>
2016年10月25日(火)19:00-21:00
 
<会場>
お茶ナビゲート
 
<参加費>
1,000円(資料代、ソフトドリンク付き)
 
<主催>
NPO法人連想出版
 
<企画協力>
(株)HUMIコンサルティング
 
<お申し込み方法>
Peatix または、お茶ナビゲートのカウンターよりお申し込みください。ご不明な点があればお茶ナビホームページの「お問い合わせ」より問い合わせください。
 
・Peatix
http://ochanavi-salon-161025.peatix.com/

こちらのイベントは終了いたしました。
ご協力・ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

ワークショップ

【終了】お茶ナビサロン第2回「前田俊秀さん:Global Minds & Local Hearts 青山発、サポーター・シップで日本と世界をつなぐ」

お茶ナビゲートでは毎月1回、各分野で先駆的でユニークな、そして本質的な活動をしている方を講師にお招きして、大人が知的に愉しめる学びの場「お茶ナビサロン」を開催しています(毎月第4火曜日19時から)。
 
第2回は、語学出版社・三修社が創業以来大切にしてきた「世界と日本をつなぐ」という理念を、グローバル社会のなかで新しいかたちで実現している株式会社ブレインの代表取締役社長、前田俊秀さんをお迎えします。
 
東京オリンピック2020に向けて、インターナショナルな街を目指している青山に、地域国際交流と多言語・多文化理解を目的としたコミュニケーションスペース「グローカルカフェ」を2016年にオープン。青山の魅力を、拠点づくりや斬新な取組みで発信しています。また、ブラジル・サンパウロで開催されるサンバカーニバルに「本物の日本の祭りを持っていきたい」と、青森県五所川原市のたちねぷたの出場を支援したり、和楽器の音色をアジアの伝統楽器の魅力とともに世界に発信する「ONE ASIA Joint Concert」の企画・プロデュースをするなど、日本と世界をつなぐ活動を展開しています。ブレインが掲げる“グローバルコミュニケーションサポート”の仕事について、語っていただきます。
<ゲストプロフィール>

前田俊秀(まえだとしひで)
1961年生まれ。
株式会社ブレイン 代表取締役社長、株式会社三修社 代表取締役社長

略歴
私立獨協中学から同高校を経て同大学経済学部を卒業。卒業後、沖電気工業(株)、(株)アスキーを経て、1987年より語学出版社の三修社の取締役として数々のデジタルコンテンツ制作に携わる。1996年には三修社の電子出版事業部を株式会社ブレインとして独立させ代表取締役に就任。インターネット黎明期より各国の周年事業公式サイトの制作を手がけ、特に日本におけるイタリア年の功績を認められイタリア政府より2005年に「イタリア共和国連帯の星カヴァリエーレ章(ナイト)」を、2008年に「イタリア共和国連帯の星コメンダット-レ章(サー)」を受勲。
 
<定員>
30名
 
<日程>
2016年9月27日(火)19:00-21:00

<会場>
お茶ナビゲート
 
<参加費>
1,000円(資料代、ワンドリンク付き)
 
<主催>
NPO法人連想出版

<企画協力>
(株)HUMIコンサルティング
 
<お申し込み方法>
Peatix または、お茶ナビゲートのカウンターよりお申し込みください。ご不明な点があればお茶ナビホームページの「お問い合わせ」より問い合わせください。

・Peatix
http://ochanavi-salon-160927.peatix.com/

こちらのイベントは終了いたしました。
ご協力・ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

ワークショップ

【終了】お茶ナビサロン第1回「佐藤正実さん:街の『オモイデ』を語り継ぐー市民目線の地域アーカイブと震災アーカイブ」

お茶ナビゲートでは毎月1回、各分野で先駆的でユニークな、そして本質的な活動をしている方を講師にお招きして、大人が知的に愉しめる学びの場「お茶ナビサロン」を始めます!

第1回は、宮城県仙台を拠点に、古地図や古写真、絵葉書など地域文化資料を活用して、古き仙台を考え、知る活動を展開している佐藤正実さんにご登壇いただきます。

地図や写真をプロではない市民目線で観て、地域の歴史や魅力を親しみやすく発信する地域誌「風の時」を発行。現在は、市民とともに震災を記録する「3.11オモイデアーカイブ」を立上げ、被災地での定点観測や、アーカイブを活用して被災前の歴史をたどり津波で流された街々が重ねてきた「オモイデ」を再構築する取組みなどをされています。
 
地域アーカイブと震災アーカイブの連続性、未来を語るために市民が参加するアーカイブの模索、そしてアーカイブを基点にして想起される地域のいとなみを編集するという仕事について、語っていただきます。
<ゲストプロフィール>


佐藤正実(さとうまさみ)
1964(昭和39年)生、風の時編集部代表、NPO20世紀アーカイブ仙台副理事長、3.11オモイデアーカイブ代表
 
略歴
2005年5月~ “仙台の原風景を観る、知る。”をテーマに、フリーペーパー「風の時」14刊を発行。翌年「昭和3年版仙台市全図復刻版」を初出版。 その後、仙台の古写真集や復刻地図などを企画し、現在まで26作を発行。2009年、大正・昭和時代の仙台の映像・写真・音楽を保存しするためNPO法人20世紀アーカイブ仙台を3社で設立。震災後は「3.11アーカイブ」を開始。2013年度より仙台市震災メモリアル・市民協働プロジェクトに参画し、「3.11オモイデツアー」を企画。
 
<定員>
30名
 
<日程>
2016年8月27日(土)14:00-16:00

<会場>
お茶ナビゲート
 
<参加費>
1,000円

<主催>
NPO法人連想出版
 
<企画協力>
(株)HUMIコンサルティング

<お申し込み方法>
Peatix または、お茶ナビゲートのカウンターよりお申し込みください。ご不明な点があればお茶ナビホームページの「お問い合わせ」より問い合わせください。

・Peatix

こちらのイベントは終了いたしました。
ご協力・ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

イベント

【終了】小森はるか+瀬尾夏美 巡回展 波のした、土のうえ in 東京

岩手県沿岸に位置する陸前高田で、津波のあとの時間を暮らした映像作家の小森はるかと、画家で作家の瀬尾夏美。
 
二人が、陸前高田で目の当たりにした風景や人びとの暮らし、地域への想いを、丁寧に描いた映像作品「波のした、土のうえ」を軸に、「震災」をさまざまなかたちで表現した作品展を、東京で初めて開催します。
 
津波のあとに残された痕跡と、そこに宿る人びとの記憶。彼女たちが拾い集めた「記録」に耳をすませ、私たちが震災から5年という年月で感じたこと、考えたことを改めて思い起こす機会にしたいと思います。また、そうしたそれぞれの想いを、被災地で地道に活動している人びとと対話するイベントも開催します。
<会期> 
2016年7月8日(金)〜7月31日(日)
平日11:00〜19:00、土日祝10:30〜18:30
 
<会場>
Gallery蔵 ※入場料無料
 
展示内容及びトークイベントの詳細については、下記サイトをご覧ください。
 
主催:特定非営利活動法人連想出版、小森はるか+瀬尾夏美
特別協力:株式会社HUMIコンサルティング
記録:一般社団法人NOOK
助成:公益財団法人朝日新聞文化財団、アーツエイド東北・芸術文化支援事業
協力:一般社団法人NOOK、せんだいメディアテーク3がつ11にちをわすれないためにセンター、 てつがくカフェ@せんだい
感謝:阿部裕美さん、鈴木正春さん、紺野勝代さん、陸前高田のちっちゃな花菜(はな)畑のみなさま、 陸前高田災害FM、佐々木農機、食堂かもん、大坂写真館、佐藤たね屋、 陸前高田のみなさま、住田町のみなさま

アーカイブス

  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • pagetop