イベント・ワークショップ

ワークショップ

お茶ナビサロン第11回「石橋映里さん:脚本アーカイブを世界へ! ー 藤本義一、市川森一、永六輔 ー」

お茶ナビゲートでは毎月1回、各分野で先駆的でユニークな、そして本質的な活動をしている方を講師にお招きして、大人が知的に愉しめる学びの場「お茶ナビサロン」を開催しています。講師のトークセッションと、ワンドリンクを片手に講師や参加者同士と和やかに懇談できる場です。
 
第11回は、「脚本アーカイブズ活動」に携わっている石橋映里さんをお招きします。
 
「脚本アーカイブズ活動」とは、放送番組を中心とした脚本を収集・保存し公開していく活動です。放送番組には脚本があり、それはドラマだけでなく、バラエティにも脚本や構成台本があります。しかしそれらが体系的に保存されてはいません。1980年以前、ビデオテープが大変高価だったことから、放送局では上書きして使用されたため映像があまり保存されていません。当時の放送番組を知る手だては「脚本」しかありません。
 
日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアムで収集した脚本は8万冊を超えました。貴重な放送文化資産である「脚本」を、さらに多くの方に活用して頂くため、例えば、2017年7月7日「永六輔バーチャル記念館」をインターネット公開しました。サイトでは永六輔氏が執筆・出演した伝説の人気バラエティ番組「夢であいましょう」全244回中202話分の脚本が閲覧できるほか、永氏に関わりの深かった方々(加藤登紀子氏など)のインタビューも公開しています。
 
今回は、脚本に着目した映像文化のアーカイブについての実践的活動の紹介と、今後、脚本を観光にも活用し世界に向けて発信していきたいという「野望」を含めて、お話しいただきます。
 
<ゲストプロフィール>

 
石橋映里(いしばし えり)

略歴
中央大学大学院法学研究科修士修了。弁護士を目指し法律事務所勤務後、放送作家に転身。日本放送作家協会理事。日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム常務理事・事務局代表。
【著書】『マンガ・経済ニュースの裏を読め!』『アーカイブ立国宣言』【番組】『ザ・ワイド』『アニメ・ストーリーランド』『文化遺産の旅』『文化庁・敬語おもしろ相談室』など。
 
<定員>
20名(先着順)
 
<日程>
2017年8月29日(火)19:00-21:00
 
<会場>
お茶ナビゲート
 
<参加費>
1,500円(資料代、ワンドリンク付き)
 
<主催>
NPO法人連想出版
 
<企画協力>
(株)HUMIコンサルティング
 
<お申し込み方法>
Peatixまたは、お茶ナビゲートのカウンターよりお申し込みください。ご不明な点があればお茶ナビホームページの「お問い合わせ」より問い合わせください。
 
・Peatix

イベント

【終了】お茶ナビゲート x 御茶ノ水ソラシティ 岩﨑家ゆかりの地コラボ企画 第1弾! 「馬のふるさと すいかの里 富里市物産展」 +まる弥カフェ、東洋文庫ミュージアム

御茶ノ水ソラシティには以前、三菱財閥・岩﨑家の駿河台邸があったことをご存知ですか。

今年のソラシティ七夕イベントでは、岩﨑家ゆかりの地つながりで、岩﨑久彌翁が晩年を過ごした千葉県富里市にある「旧岩﨑家末廣別邸」から、本物の竹を譲り受けて館内を装飾します。

そして七夕当日はソラシティプラザで、富里名産として有名なスイカのカット販売やカービング体験、新鮮な野菜、さらに高知県安芸市・旧岩崎弥太郎生家前から「まる弥カフェ」も出店したマルシェを開催します。
ギャラリー蔵では、末廣別邸から届いた竹チップを敷きつめ、東洋文庫ミュージアムなど岩崎家ゆかりのスポットをご紹介します。

 
<マルシェ開催日程>
2017年7月7日(金)11:00-19:00
 
<会場>
御茶ノ水ソラシティ ソラシティプラザ

こちらのイベントは終了いたしました。ご協力・ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました

ワークショップ

【終了】お茶ナビサロン第10回「林田利之さん:岩﨑家末廣別邸を守り伝えるためにー文化財の保存と活用のいい関係とは」

お茶ナビゲートでは毎月1回、各分野で先駆的でユニークな、そして本質的な活動をしている方を講師にお招きして、大人が知的に愉しめる学びの場「お茶ナビサロン」を開催しています。講師のトークセッションと、ワンドリンクを片手に講師や参加者同士と和やかに懇談できる場です。
 
第10回は、御茶ノ水ソラシティでの七夕イベント、岩﨑家ゆかりの地コラボ企画を記念して、千葉県富里市教育委員会から林田利之さんをお招きします。
 
御茶ノ水ソラシティが建つ場所はもともと、岩﨑家駿河台邸があった場所です。そして、千葉県富里市には戦前、岩﨑家三代・久彌翁が、先端的実験農牧場として開設した末廣農場がありました。戦後の農地改革で、農場の規模は小さくなったものの、その農場内に建てられた純日本建築の主屋に、久彌翁は転居し晩年を静かに過ごしました。この旧末廣農場と、農場内にある主屋、東屋などが最近、富里市に寄贈され、現在、一般公開に向けて準備が進んでいます。
 
今回は、富里市に寄贈された「旧岩﨑家末廣別邸」の復旧、整備、公開に向けての準備を担っている林田さんに、末廣別邸の特徴、富里市になぜこうした農牧場が設置されるにいたったか、岩﨑久彌翁の想いなどをご紹介いただくとともに、文化財としての別邸をどういった考え方で公開し、活用していこうとされているか、語っていただきます。
 
<ゲストプロフィール>

 
林田利之(はやしだ としゆき)

略歴
1965年生まれ。1990年に千葉県印旛郡富里町(現富里市)職員に採用され、財団法人印旛郡市文化財センターに派遣。印旛郡市内の埋蔵文化財発掘調査及び報告書の作成を行う。現在は、市教育委員会生涯学習課文化資源活用室室長として、市内文化財の保護活用に取り組んでいる。
 
<定員>
20名(先着順)
 
<日程>
2017年7月7日(金)19:00-21:00
 
<会場>
お茶ナビゲート
 
<参加費>
1,500円(資料代、ワンドリンク付き)
 
<主催>
NPO法人連想出版
 
<企画協力>
(株)HUMIコンサルティング
 
<お申し込み方法>
Peatixまたは、お茶ナビゲートのカウンターよりお申し込みください。ご不明な点があればお茶ナビホームページの「お問い合わせ」より問い合わせください。
 
・Peatix

こちらのイベントは終了いたしました。ご協力・ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました

ワークショップ

【終了】お茶ナビサロン第9回「長野隆人さん:地域に根ざしたアート空間を創造する」

お茶ナビゲートでは毎月1回、各分野で先駆的でユニークな、そして本質的な活動をしている方を講師にお招きして、大人が知的に愉しめる学びの場「お茶ナビサロン」を開催しています。講師のトークセッションと、ワンドリンクを片手に講師や参加者同士と和やかに懇談できる場です。
 
第9回は、充実した舞台機構などステージアーツに最適な施設として全国的にも有名な、福島県いわき市の「いわき芸術文化交流館アリオス」から、長野隆人さんをお招きします。
 
アリオスは、子どもから大人まで誰もが自由に芸術と触れ合える場、創作活動の拠点となる空間というコンセプトのもと、大中小の劇場でさまざまなジャンルの舞台上演が開催されているほか、地域住民が自由に利用できるピアノやバンドの練習室や、住民同士が集える空間が充実しています。さらに、人とまち、人と人とをつなげるさまざまなアートイベントが展開されており、地元住民の意欲的な活動をうながし、地元の人たちがつながっていくような企画を担っているのが、広報グループチーフの長野さんです。
 
今回は、日本でも屈指の舞台設備をもつアリオスの紹介、なぜいわき市にこうした公共空間がオープンするにいたったのか、舞台芸術に対して関心の高い人が多いという地域性を背景に、その経緯を説明いただき、アートをテーマにした公共空間を、どのように使い倒して、芸術と自然に親しめる場を創っているか、お話しいただきます。
 
<ゲストプロフィール>

 
長野隆人(ながの たかひと)

略歴
1976年、静岡県生まれ。大学時代からクラシック音楽業界に身を置き、月刊「ぶらあぼ」副編集長、「DANZA」編集長を務めた。いわきアリオスには2007年に着任。通常の広報業務の他、市民協働事業や、地元の学校や団体との連携を通して、枠にとらわれない公立文化施設の姿を模索していている。
 
<定員>
20名(先着順)
 
<日程>
2017年6月27日(火) 19:00-21:00
 
<会場>
お茶ナビゲート
 
<参加費>
1,500円(資料代、ワンドリンク付き)
 
<主催>
NPO法人連想出版
 
<企画協力>
(株)HUMIコンサルティング
 
<お申し込み方法>
Peatixまたは、お茶ナビゲートのカウンターよりお申し込みください。ご不明な点があればお茶ナビホームページの「お問い合わせ」より問い合わせください。
 
・Peatix

こちらのイベントは終了いたしました。ご協力・ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました

ワークショップ

【終了】お茶ナビサロン第8回 「松村由利子さん:♪~子どもの本から世界が見える~♪」

お茶ナビゲートでは毎月1回、各分野で先駆的でユニークな、そして本質的な活動をしている方を講師にお招きして、大人が知的に愉しめる学びの場「お茶ナビサロン」を開催しています。講師のトークセッションと、ワンドリンクを片手に講師や参加者同士が和やかに懇談できる場です。
 
第8回は、新聞記者出身のフリージャーナリストにして歌人、松村由利子さんをお招きします。科学記者として培われた鋭い視点と論理的で分かりやすい文章、歌人ならではの豊かな感性で、味わいある、そして読み応えある著作を数多く出されています。
 
*****
 
皆さんは、幼いころに読んだ本の内容を覚えていますか。
 
「子どもの本なんて、読んでも読まなくても、おとなになれば関係ないんじゃない?」と思う人がいたら、それは大きな間違い!遠い日の読書は、気づかないところであなたの教養や糧となっているかもしれません。例えば、『ちびくろサンボ』と『小公女』に共通する事柄といえば……? 宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』と山本有三の『路傍の石』、どちらにも登場するものは何? あるいは、ルイス・キャロルの『鏡の国のアリス』・言語学・Facebookをつなぐものは?
 
昨夏、『少年少女のための文学全集があったころ』(人文書院)を上梓した松村さんが、本に書ききれなかったことを紹介します。映画のせりふにクスッと笑ったり、意外な歴史に出会ったり……役に立つかどうかはともかく、「子どもの本」のあれこれを知ると、世界がもっと面白くなるはずです。今回は、その入口へご案内いただきます!
 
<ゲストプロフィール>

 
松村由利子(まつむら ゆりこ)

略歴
1960年、福岡市生まれ。朝日新聞、毎日新聞で記者として20年余働いた後、2006年からフリーランスに。歌人として短歌関係の評論、エッセイを手がけるほか、絵本の翻訳や創作にも取り組む。著書に『少年少女のための文学全集があったころ』(人文書院、2016年)、『短歌を詠む科学者たち』(春秋社、同)など。今年2月に翻訳絵本『みどりの町をつくろう』(アラン・ドラモンド作、福音館書店)を刊行。
 
<定員>
20名(先着順)
 
<日程>
2017年5月9日(火) 19:00-21:00
 
<会場>
お茶ナビゲート
 
<参加費>
1,500円(資料代、ワンドリンク付き)
 
<主催>
NPO法人連想出版
 
<企画協力>
(株)HUMIコンサルティング
 
<お申し込み方法>
Peatixまたは、お茶ナビゲートのカウンターよりお申し込みください。ご不明な点があればお茶ナビホームページの「お問い合わせ」より問い合わせください。
 
・Peatix

こちらのイベントは終了いたしました。ご協力・ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました

アーカイブス

  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • pagetop